ローランドさんが教えてくれた事

ローランドが教えてくれた事 雑記
ローランドが教えてくれた事

ローランドが教えてくれた事

ローランドさん

 

「俺か、俺以外か。」

今や youtubeやテレビなどで有名なRoland(ローランド)さんの名言。知らない人は少ないんじゃないんでしょうか??

私はローランドさんの考え方に触れて、自分の人生を見つめ直す程に影響を受けました。特に影響を受けたのがミニマリストの実践。本当に素晴らしくて、色んな物事に対して考えるという習慣が身に付きます。

 

ミニマリストって必要最低限の物だけで質素な生活を送る人のことでしょ?欲しいものを我慢して生活しなきゃいけないなんてなんだか大変そうだわ

 

ミニマリストって部屋に何もないイメージ。仙人みたいな生活をしているのかな?

 
いいえ、違うんです!
それではローランドさん流のミニマリズムについて解説をしていきましょう。

・ミニマリストとローランド流ミニマリストの違い
 断捨離やミニマリストというワードが世に取り上げられた頃、TVに映る何もない部屋、質素な食生活を送る彼らを見て
「それで人生が楽しいんだろうか?」
「貧乏くさい」
といった感想を抱かなかったでしょうか?
私は初めて見た時
「刑務所の中に住んでるのと変わらないじゃん」
と思いました。
ミニマリスト

ミニマリストさんのイメージ


では、ローランドさんの自宅はどうでしょう?

まず、この動画を見てそれまでのミニマリストというイメージは吹き飛びませんか?ミニマリストらしく洋服やシューズが1着だったり、部屋の中も物が少なくシンプルですが、家具の配置や、モノトーンで統一された部屋の配色なんかが美しく貧乏くささを感じさせません。

豊かだから捨てられるのではない。捨てられるからこそ、豊かになるのだ。
(君か、君以外か。君へ贈るローランドの言葉より)

ミニマリストの進め方
余計な物がない素敵な空間には住んでみたいけど、いきなり部屋のものを捨てるなんてハードルが高そうですよね。
そこで、まずは簡単なステップとして財布から始めてみることをオススメします。

ローランド エルメス 財布

ローランドさんが愛用している財布はエルメスの財布です。財布の中には現金100万円がキレイに折り畳まれ入れていますが、実は使わないんだとか。財布の形が崩れないように100万円を入れているそうです。
そして、カードですが、これは著書の中でも言われていましたが、ポイントカードで財布がパンパンになってゴチャゴチャとするのがストレスのため全て捨ててしまったそうです。

ローランドエルメス

YouTubeより転載

所持しているカードは財布のグラデーションとして色を添えるために刺しているだけなんだとか。

わたしはこれを見て、自分のパンパンの財布が情けなくて財布を買い替えました(笑)
皆さんの財布はどうですか?財布の中に何年も使ってないようなポイントカードや会員カードはないでしょうか?よい機会なので整理することをオススメします。財布がだいぶ軽くなりますよ。
ちなみに下図が買い替えた財布です。

coach財布

coachの財布(厚さ)

coachさいふ

coachの財布

 コンパクトで小さい財布のため、カード類は銀行のカードと免許書のカードしか入れていません。小銭がたくさん入らないので、お会計の際には率先して小銭を使います。

しかし、現実としてよく行くスーパーの会員カードや病院の診察券、レンタルビデオカードやジムのメンバーズカードは捨てられないため、財布ではなく専用のカードケースを購入しそちらに差し込んでいます。

財布がパンパンだった頃はカードを探すのも大変でしたが、カードケースに入れてからは、カードを探しまわる事もなくなりストレスもありません。
最近は小さめのショルダーバックも購入して愛用しているので、本当に身軽になりました。

本当に大切なものは、実はそんなに多くない。
(君か、君以外か。君へ贈るローランドの言葉より)


ミニマリストを意識して良かったこと
着ない洋服を捨て、購入する服を厳選することで、クローゼットの中はスッキリします。
「何を着ていこう?」と悩んだり、部屋が洋服で散らかる事もありません。

また、私は仕事と学生業を両立生業にしているのですが、黒板をただ書き写すのではなく、要約して書き写す事を意識しています。そして、ノートの大きさはA4サイズが一般的ですがB6サイズを使っています。そして、意識して小さな文字で書いています。
ちょっとやりすぎではないかと思われそうですが、リュックサックをパンパンにして重たい荷物を運ぶ方がはるかにしんどい事なんです。

 

ミニマリストを意識して良かったことは肉体的・精神的・心理的に身軽になれる

皆さんも小さな事をコンパクト化する事を意識して、忙しく大変な生活を少しでも快適に過ごせるようにローランドさん流のミニマリストを取り入れてはどうでしょうか?
本文はローランドさんの著書「君か、君以外か。君へ贈るローランドの言葉」を参考にさせていただいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました